血液サラサラで病気予防【ドロドロ改善ヘルスチェッカー】

シニア

予備軍が多い疾患

シニア

症状の特徴と影響

日常生活習慣によって引き起こされる確率が高い疾患の1つが糖尿病だと言われています。そもそも糖尿病とは、内分泌系の異常によって起きる疾患と位置付けられています。具体的には血糖値を調節する作用を持つホルモン、インスリンの分泌量の低下が原因とされています。インスリンの分泌量が低下する事で、血液中の糖分を上手く量調節できなくなったり、エネルギー吸収しづらくなったりします。こうしたインスリンの分泌異常は、先天的に起きるタイプと、後天的な生活習慣によって起きるタイプに分かれるとされます。そうした分泌異常によって血液内の糖分量増加が慢性化すると、様々な弊害を引き起こします。慢性化した糖尿病では血管の強度低下や、血液の粘性が上昇する事によるノドの乾き、糖分吸収率低下による疲れやすさやいら立ちなど、様々な異常が起こります。加えて血行障害が慢性化する事による合併症の危険性を含む病気として知られています。

主な対策と工夫する点

糖尿病は1度発症すると完治が限り無く難しいとされ、出来る限り予防する事が第1と言えます。仮に発症してしまった場合でも、注射によるインスリン投与や、食事・運動療法によって症状悪化を抑える事が重要となっています。主な対策となる食事療法では、血糖値急上昇を防ぐ事が重要とされます。そのため適正エネルギー量とバランス良い栄養素を含んだ食事を、3食にしっかり分けて摂る事が求められます。そこで気を付ける点として、健康食品との付き合い方が挙げられています。近年は血糖値の制御を目的とした商品も多く提供される様になっています。しかしこうした商品の場合、本当に患者に合った血糖値制御が行えるとは限らない商品も含まれると言われています。したがって、専門医への相談なしに安易な摂取を行わないように注意しましょう。一方で近年では、科学的な根拠も備えつつある成分も発見されてきていると言われています。1例としてDHAに代表される一部の脂肪酸は、糖尿病合併症である血管性疾患に繋がる様な血液の状態を改善する効果があるとされます。こうした根拠を持つ成分を活用しながら、食事療法を確立する事が重要となっています。

Copyright© 2015 血液サラサラで病気予防【ドロドロ改善ヘルスチェッカー】All Rights Reserved.